アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

コンドームの毀損

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

気を付けてはいましたが、避妊の間違いが判明してしまい慌ててどうしたらよいかと探し当てたのが、緊急避妊薬のアイピルという側でした。

 

私の事態コンドームの損壊によるものが避妊の失敗のきっかけでしたが、その時はアイピルという側を知らなかった結果本当に焦った記憶があります。

 

只今このタイミングで妊娠してしまうことになってしまったらという思いの丈が強かった結果、何か方法がないかと調べた要所緊急避妊薬のアイピルをわかることができました。

 

いっぱい調べてみると繊細後の72間以内に投薬をしないといけないということが分かったので、次の日一気にお母様科病棟を予約しました。

 

説明するのも恥ずかしいけど貧弱と割り切って受付をすると、問診票にアイピルを切望決めるという認知を通して取り出しました。

 

ひとまず受診室にもよばれ、医者から問診を受けることになりました。医者のユーザーからは避妊の間違いポイントといった、最後の月の物日、そしてアイピルには2種目残るということを知らされどちらを選ぶかと尋ねられました。

 

医者の批評では、1つ目はノルレボ法といって、ノボノルゲストレルという薬を服用する方法で、性交上72間以内に2錠だけ投薬すれば良しはでした。

 

こういう薬は国内で唯一の緊急避妊薬だという批評も受けました。後は、ヤッぺ法といって、プラノバールという薬を服用する方法で、こちらは2錠服用して12間後に再び2錠服用するという批評だったと思います。

 

どちらのアイピルを選んでも100%の避妊を見込める訳ではないという批評を受け、ノルレボ法の方がヤッぺ法よりは避妊料率が高いという批評を受けた結果、ノルレボ法を選択しました。

 

アイピルという側があったおかげで我々はその時妊娠することはありませんでした。

 

こういうアイピルを服用してから数日内に消退出血液といわれる出血がり通常のメンスが来たためセーフティ避妊に成功することができました。とっても緊急避妊薬に助けられたと思います。

 

アイピル最前へ